切らない腫れない目の下のクマ・たるみ治療症状からみる

自分の症状を知ることから最適な治療が始まります

一口にクマと言っても、実は「黒クマ」「赤クマ」「茶クマ」の3つに分けられることをご存じですか? さらにセオリークリニックでは、同じ黒クマでも「目の下にふくらみがある場合」と「目の下にふくらみがない場合」に細かく分類しています。これは、それぞれの症状や目の下の形状に合わせた治療法・対処法を行うためにはすごく大切なこと。ここから、自分のクマやたるみの種類を理解し“悩みにぴったり”な治療がスタートできるのです。

タイプと判別方法

case1case2

黒クマ 目の下にふくらみがある場合

目の下の脂肪がふくらんで、たるむことで影ができている

目の下に黒い線が入ったように見えるクマ。涙袋よりも下方に出現し、頬が垂れ下がって見える原因となります。

原因
目の上下の比較的奥にあり、眼球のまわりを取り囲んでいる特殊な脂肪を眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼びます。この眼窩脂肪は年齢とともに次第に移動して飛び出したように目の下をふくらませますが、このふくらみが作り出す目の下の黒い影が黒クマです。10代でも眼窩脂肪が飛び出してふくらむことがありますが、この黒クマには、眼窩(眼球が収まる頭蓋骨のくぼみ)のスペースが狭い、頬骨が凹んでいるなど骨格に問題がある場合と、眼窩脂肪の量が多すぎるなどの原因があります。
判別方法
まずボールペンなど細い棒状のもので目の下を押してみましょう。このとき、押した部分の黒い線が消える場合は黒クマの可能性大です。これは目の下のふくらみが押されることでへこみ、逆に周囲がふくらんで黒クマの原因である影が消えるためです。

黒クマ(目の下にふくらみがある場合)の施術事例をみる

case1case2

黒クマ 目の下にふくらみがない場合

目の下にふくらみはなく、くぼむことで影ができている

眼窩脂肪の突出による特別なふくらみやたるみはありませんが、目の下全体がくすんで暗く見えます。

原因
黒クマの中には眼窩脂肪の突出がないか、突出が軽度の場合でも、目の下全体がくぼんでいるためにできるものもあります。加齢などを原因として、皮膚がたるんでくぼんだ部分に影ができ、黒クマになると考えられます。
判別方法
顔を天井のライトに向けながら鏡を見てください。黒みが減少する場合には目の下にふくらみがないタイプの黒クマが疑われます。

黒クマ(目の下にふくらみがない場合)の施術事例をみる

case1case2

赤クマ

圧迫された眼輪筋が赤く透けて見える

皮膚を引っ張ると赤みが増すのが特徴で、目頭の下あたりにできる赤く見えるクマです。

原因
目の周囲にある眼輪筋という筋肉が、血行の悪さや、眼窩脂肪の突出によるふくらみで内側から押し出されて皮膚の下に赤く透けて見えることが赤クマの主な原因です。
判別方法
頬の上部に指を当て、目の下の皮膚を上下に引っ張ったとき、赤みを増す場合は赤クマの可能性があります。

赤クマの施術事例をみる

case1case2

茶クマ

色素沈着や生活習慣が主な原因

目の下に広範囲に広がる茶色いクマ。肌が色素沈着することで生じ、皮膚を引っ張ってみると薄くなることが特徴。上まぶたにも色素沈着を起こしていて、目もと全体がくすんで見えることがほとんどです。

原因
紫外線による日焼けや乾燥、そして目の上下を洗顔やメイクなどでこすることで肌は次第に色素沈着を起こします。この色素沈着が茶クマの大きな原因に。また、加齢による目の下のシワが折り重なり影になって茶色く見えることもあります。
判別方法
顔を天井に向けて鏡を見ます。正面を向いているときとクマの範囲などが変わらない場合は茶クマの疑いがあります。

茶クマ

くま・たるみタイプ診断

あてはまるクマにチェックすると最適な治療法がわかります。

  • 黒クマ 目の下のふくらみあり
  • 黒クマ 目の下のふくらみなし
  • 赤クマ
  • 茶クマ

黒クマ(目の下にふくらみがある状態)の治療法

眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみ。このふくらみからできる影が黒クマの原因です。このため、治療法としてはふくらみをフラットにする「脱脂術+リポトランスファー」が最適だと言えます。

黒クマ(目の下にふくらみがない状態)の治療法

黒クマはできるけれど、眼窩脂肪の突出がないか軽度のためふくらみがないタイプ。目の下全体がくぼんでいることが原因となります。この場合は、ヒアルロン酸や脂肪を注入し、頬から目の下にかけてボリュームをアップ。適度なふくらみをつくる治療が最適です。

赤クマの治療法

赤クマがある場合は、その原因となる眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみが必ず存在します。そのため「脱脂術+リポトランスファー」で、眼窩脂肪による内側からの筋肉の押し出しを防ぐ治療が必要です。ヒアルロン酸注入やレーザー治療のみでは改善しません。

茶クマの治療法

メラニンによる色素沈着で皮膚が茶色くなることが原因。この沈着したメラニンの排出を促し、新たなメラニンの生成を抑える治療と、目もとをこするなどの刺激と日焼けなど生活習慣の改善、そしてビタミンCなど内服療法及び外用薬の併用が肝心です。

私達がお悩みを解決します。カウンセリングから施術、述語経過まで、信頼ある治療を行っています。Theoryクリニック

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。クマ・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ