切らない腫れない目の下のクマ・たるみ治療症例ギャラリー

手術

手術方法に違いがあるのはなぜ? 脱脂術のみではダメなのですか?
脱脂術というのは、目の下の突出した眼窩脂肪を減らすための手術を指します。セオリークリニックの「脱脂術+リポトランスファー」は、眼窩脂肪の突出をなくすだけでなく、涙袋から頬へと続くS字カーブの凹凸をゆるやかな孤の字ラインへと変える手術で、単なる脱脂術とは目的が大きく異なります。脱脂術のみでも、S字カーブは小さくできますが残りやすく、美しい仕上がりは望めません。さらに脱脂術のみだと眼窩脂肪の取り残しや取り過ぎが生じる可能性が高くなります。この眼窩脂肪は少しでも取り過ぎてしまうとへこみ、少しでも取り損ねるとふくらみが残るため、「ちょうどいい量」が美しい仕上がりの決め手です。ただし、この「ちょうどいい量」は、手術時の寝た状態で判断することは不可能に近く、摘出すべき眼窩脂肪の量は個人差が大きいにも関わらず見た目で判断することはできません(見た目では小さなふくらみでも、眼窩脂肪の突出が大きい場合も多数あります)。そのためセオリークリニックでは目の下のクマ・たるみ治療にはすべて、クマの改善と、頬から涙袋に続くS字カーブをフラットにする治療として「脱脂術+リポトランスファー」を同時に行っているのです。

もっと見る

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。クマ・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ