切らない腫れない目の下のクマ・たるみ治療お悩みからみる

自分では解決不可能な目の下のお悩み

加齢や乾燥などが原因で、肌のハリを支える真皮層が痩せることで起こる目の下のたるみ。さらに眼窩脂肪の突出によるふくらみが作り出すクマ…。どちらも表情を暗くしたり、顔立ちを老けさせてしまい、いいことがありません。そんな目もとの悩みを、セオリークリニックで根本から解決してすっきりしてみませんか?

タイプと判別方法

case1case2

凹凸による影が原因のクマ

眼窩脂肪が年齢とともに移動し、突出することから目の下に凹凸ができますが、この突出が大きいほどたるみも大きくなってクマの原因となります。

原因

眼窩脂肪は、加齢によって留まる場所を移動させます。この移動から目の下がふくらむことで、今までなかった凹凸が出現。しかもこの凹凸によってできた影がクマとなります。ですから、この眼窩脂肪の移動と突出が多いほど目の下のたるみやふくらみの段差が大きくなり、クマとともに顔立ちをグッと老けさせてしまうのです。

凹凸の施術事例をみる

case1case2

色素沈着が原因のクマ

皮膚に色素沈着することで生じる茶クマは、皮膚を引っ張ると色が薄くなるのが特徴です。多くの場合、上まぶたにも同様の色素沈着を生じて、目のまわり全体が黒ずんでいます。

原因
常に肌深部でつくられ、シミの原因ともなるメラニン。茶くまは、このメラニンが目の下に沈着することで皮膚の色が茶色くなってしまうことが原因。そこで皮膚に沈着したメラニンの排出を促して、新たなメラニンの生成を抑える治療が必要となります。

色素沈着のの術じ事例をみる

くま・たるみタイプ診断

あてはまるクマにチェックすると最適な治療法がわかります。

凹凸の治療法

余分な眼窩脂肪の除去のみを行う、最先端の“腫れない”施術でノーダウンタイムを実現。高周波レーザーメスを用いることで、出血もなく、顔表面から見える傷跡も残さずに両目約1時間で治療が終了します。

色素沈着の治療法

メラニン色素が沈着することが原因とされている茶クマの改善には、「ライムライト(光治療)」や「スタックトーニング(レーザートーニング)」の治療法に、ビタミンCなどの内服療法を併用することをおすすめしています。

私達がお悩みを解決します。カウンセリングから施術、述語経過まで、信頼ある治療を行っています。Theoryクリニック

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。クマ・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ