切らない腫れない目の下のクマ・たるみ治療 施術詳細

  • 脂肪注入
  • 腫れない治療
  • S字カーブ理論
  • 4Dデザイン

脂肪注入

へこみタイプのクマの解消に効果的

目の下はとても繊細な部位なため、脂肪注入をするのにも特に技術のいる部位になります。通常ヒアルロン酸を注入するクリニックが多いですが、当院では、ご自身の脂肪を注入することを、
 ①自分自身の脂肪のため安全性に優れている
 ②ヒアルロン酸よりも効果のもちが長い
という点でお勧め致します。
採取した脂肪をそのまま注入するのではなく、より生着率を高くするために遠心分離機で生きた脂肪細胞だけを分離・濃縮させたものや、更に生着率をあげるためにピュアグラフト法という、より純度が高く濃縮された方法で脂肪を処理したものを注入していきます。注入時には細かな部位までこだわった注入で、表情による変化にも合わせた注入術で綺麗に仕上げます。

治療法
普通、黒クマは目の下の脂肪がふくらむ事でできたたるみの影が、涙袋より下方に黒い線となって表れることでできます。しかし、黒クマの中には眼窩脂肪の突出がないか軽度の場合でも、目の下全体がくぼんでしまうためにできる黒クマというものもあります。このタイプの黒クマの解消には、くぼんでいる目の下に適度なふくらみを作ることが必要となるため、「脂肪注入」など目の下のボリュームアップができる治療法が最適となります。“修復できないほどの合併症を起こす治療は提供しない”をポリシーとするセオリークリニックでは、最初から多めに注入して脂肪が残ってしまうような危険な治療は絶対におすすめしません。まず脱脂術で眼窩脂肪を減らしてから、再度、脂肪の注入を行い「足すこと」でたるみやへこみを改善いたします。

「脂肪注入」のクマ・たるみ治療とは?

表情を明るく見せるのは、クマやたるみのないふっくらとした健康的な目もとです。その目もとを実現するために行う施術が「脂肪注入」です。目の下のへこみが原因で黒クマが出来てしまっている方や、目の下のシワが気になる方にぴったりの治療法で、ふっくらとハリのある目元を手に入れることができます。通常の「脂肪注入」は、遠心分離を使用して不純物を除去したCRF(コンデンスリッチファット=濃縮脂肪細胞)を用います。このCRFは作成に必要となる脂肪量が50ccと多いため、採取する大腿や腹部などに大きな負担をかけるにも関わらず、実際には目の下の注入に限っては、脂肪の生着率が70%から80~90%程度にアップするだけという低い改善効果しか見られません。また費用が高額であり、結果的に脂肪が不足するリスクをゼロにできないことからセオリークリニックではCRFを採用していません。また、目の下の脂肪注入はなるべく目立たない部位から脂肪を抽出し目の下のくぼみやへこみに再注入する方法で、当院では、注入する脂肪は目の下のたるみから採取した眼窩脂肪のみの使用が基本です。ただし、眼窩脂肪が足りない場合のみ、お腹や大腿などの脂肪を使用することもあります。

症例写真

  • Case1

    脂肪注入症例写真

    脂肪注入症例写真

腫れについて

2〜3日程度、軽い痛み、ごく軽度の腫れがあります。場合により違和感が3〜5日あります。内出血は稀に出現し、出てしまった場合には1〜2週間程で消失します。お化粧などでカバーしてください。ケラスキンクリーム(別途3,000円(税別))を塗布すると約半分の期間で消失します。

ダウンタイム(施術前の日常生活に戻るまでの期間)について

  ダウンタイムについて 備考
痛み 2~3日程度、軽い痛みを伴う場合があります。
場合により違和感が3~5日あります。
1週間程度、脂肪採取部位に痛みが生じることがあります。
当院が処方する痛み止めのお薬をお飲み下さい。
腫れ 2~3日程度、ごく軽度の腫れがあります。 当院が処方する腫れ止めのお薬をお飲み下さい。
内出血 稀に出現します。
個人差があります。
脂肪採取部位は1週間程内出血が出ることがあります。
内出血が出てしまった時は、場合により、1~2週間ほどで消失します。
お化粧などでカバーして下さい。
術後の通院 ありません。 ご希望の場合は無料で診察いたします。
抜糸は必要ありません。
洗顔・化粧
コンタクトレンズ
洗顔は当日から、アイメイクも含めお化粧は翌日から可能です。
コンタクトレンズの制限はありません。
手術部位は強くこすらないよう気をつけましょう。
シャワー・
入浴
シャワーは当日から、入浴は翌日から可能です。 身体を長時間温めますと腫れの原因となるので、手術後1週間は短時間で済ませるようにお願いします。

脂肪注入(目の下) 216,000円

施術時間の目安:1時間

アフターケア保障について

注入した脂肪の一部はすぐにアポトーシス(細胞死)を起こしますが、同時に移植された脂肪細胞の周囲に存在する幹細胞が脂肪細胞に変化し、除々に入れ替わっていきます。そのため注入直後から3ヶ月かけて目の下の注入脂肪のボリュームは減少し、そこから術後1年かけて増加する傾向があるため、最終的な手術結果は1年後となります。1年後の脂肪の生着する割合は平均で6〜7割、ピュアグラフト or ピュアシスについては8割程の生着が見込めます。1年後、注入脂肪のボリューム不足が生じた場合、脂肪注入を行う事で改善が可能です。保証内と致しまして通常の半額『脂肪注入 100,000円(税別)』『脱脂術+ピュアグラフティング 150,000円(税別)』(薬代別途5,000円(税別))でお受け頂くことができます。
また、脂肪減少以外で生じる術後のトラブルにつきましては 医師が責任を持って治療を行います。 診察、お薬代、治療代なども無料にて対応致しますので ご安心ください。

Q&A 脂肪注入に関すること

さらに詳細をみる

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。クマ・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ