症例別施術一覧|目の下のクマ・たるみ治療特集サイト | 銀座セオリークリニック

Theoryクリニック

03-6228-6617

オンライン診療を予約する(24時間受付けています)

来院診察を予約する

English site

切らない腫れにくい目の下のクマ・たるみ治療 症例一覧

あなたのクマは何色ですか?

「自分の症状を知る」ことから最適な治療が始まります。
一口にクマと言っても、実は「黒クマ」「赤クマ」「茶クマ」の3つに分けられることをご存じですか? さらにセオリークリニックでは、同じ黒クマでも「目の下にふくらみがある場合」と「目の下にふくらみがない場合」に細かく分類しています。

  • 黒クマでふくらみあり
  • 黒クマでふくらみ無し
  • 赤クマ
  • 茶クマ

症状にあった、治療法の一例を紹介します。

黒クマ(目の下にふくらみがある状態)の治療法

眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみ。このふくらみからできる影が黒クマの原因です。このため、治療法としてはふくらみをフラットにする「脱脂術+リポトランスファー」が最適だと言えます。

目の下のあるふくらみが眼窩脂肪の突出です。その下に出来る影が黒くまです。 黒くまの上の部分に赤みを帯びているのが赤くまです。 眼窩脂肪の突出が上側の場合頬も上の方まであるため術後の結果が非常に良くなり易いのでとくにオススメです。

黒クマ(目の下にふくらみがない状態)の治療法

黒クマはできるけれど、眼窩脂肪の突出がないか軽度のためふくらみがないタイプ。目の下全体がくぼんでいることが原因となります。この場合は、ヒアルロン酸や脂肪を注入し、頬から目の下にかけてボリュームをアップ。適度なふくらみをつくる治療が最適です。

頬と目の下の膨らみを斜めに横切る線。これがクマと見える部分です。 これを自然な形で消す事がヒアルロン酸注入で求められている事です。

赤クマの治療法

目の下のあるふくらみが眼窩脂肪の突出です。その下に出来る影が黒くまです。 目の下の赤みが赤くまです。 この赤クマが治療選択の際に重要な所見となります。 赤クマが目立つ場合ヒアルロン酸注入などでは改善できないため脱脂術+リポトランスファーの良い適応となります。

目の下のあるふくらみが眼窩脂肪の突出です。その下に出来る影が黒くまです。 黒くまの上の部分に赤みを帯びているのが赤くまです。 眼窩脂肪の突出が上側の場合頬も上の方まであるため術後の結果が非常に良くなり易いのでとくにオススメです。

茶クマの治療法

メラニンによる色素沈着で皮膚が茶色くなることが原因。この沈着したメラニンの排出を促し、新たなメラニンの生成を抑える治療と、目もとをこするなどの刺激と日焼けなど生活習慣の改善、そしてビタミンCなど内服療法及び外用薬の併用が肝心です。

「ライムライト」とは、メラニンが比較的多い日本人向けに開発された光治療器で、レーザーとは異なりお顔全体に照射して様々な効果を発揮します。

私達がお悩みを解決します。カウンセリングから施術、述語経過まで、信頼ある治療を行っています。Theoryクリニック

公式LINEアカウントはじめました。お悩みや、お困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。

・カウンセリングのご予約前にご質問がある方
・電話だと時間が合わない方
LINEが便利です!

  • LINE
  • LINE相談・予約

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。クマ・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 来院診察を予約する
  • オンライン診療を予約する