切らない腫れない目の下のクマ・たるみ治療症例ギャラリー

実際の症例のビフォーアフターをフォトギャラリーにてご紹介しております。

新着の症例

Case.322 リオペ症例 脱脂術+ピュアグラフティング 300

●患者様 20代 女性
●お悩み 目の下のクマ たるみ
●診察での着目点 今日の目の下のモニター症例ですが、リオペ症例です。
リオペというのは他院で手術を受けたが納得する結果を得られずに
修正をご希望して治療するケースのことです。
2回目以降の手術ということになるので創部の癒着など、
いくつか初めてのオペに比べれば手間のかかる部分がありますが
丁寧に治療を行えば問題なく手術を勧めることが可能です。
診察では
 1、黒クマ
 2、眼窩脂肪の膨らみ残っていて目立つタイプ
 3、涙袋ははっきりとしているタイプ
 この3点に着目しつつ手術を行っています。

前回の手術後から眼窩脂肪の突出は残っていたようです。

脱脂のみで治療をすると、眼窩脂肪は過度に残さなければならなくなり、
クマが改善したという変化よりも膨らみが小さくなったという変化しか得られないことが多々ありますので、脂肪注入を組み合わせて治療を行うことを勧めています。
●説明 1ヶ月後です。

の下の影、黒クマが改善してるのがわかります。
涙袋も立体感が出て気に入ってもらえました。

院長ブログでさらに詳しい内容をみる

Case.321 脱脂術+ピュアグラフティング 299

●患者様 40代 女性
●お悩み 目の下のクマ たるみ
●診察での着目点 診察では
 1、黒クマ
 2、眼窩脂肪の膨らみがくっきりと目立つタイプ
 3、クマが深く黒く見えるタイプ
 
この3点に着目しつつ手術を行っています。

目の下にはっきりとした黒クマが目立っています。
黒クマは眼窩脂肪の突出と、頬上部の凹みによってできる凹凸が作り出す陰影。つまり影です。
この影を消すためには、凹凸をなめらかなカーブに変えなければなりません。

黒クマが濃い場合には段差がキツイということですので、脂肪注入は確実に必要となります。
●説明 1ヶ月後です。
目の下の影、黒クマがなくなっただけで、顔全体の印象が変わったのがわかります。
頬がリフトアップして見えているのもわかりますね。

院長ブログでさらに詳しい内容をみる

Case.320 脱脂術+ピュアグラフティング 298

●患者様 30代 女性
●お悩み 目の下のクマ たるみ
●診察での着目点 診察では
 1、黒クマ 赤クマ
 2、眼窩脂肪の膨らみがくっきりと目立つタイプ
 3、頬上部のボリュームが少なくくぼんでいるタイプ
 
この3点に着目しつつ手術を行っています。

目の下にはっきりとした
黒クマが目立っています。

黒クマは眼窩脂肪の突出と頬上部の凹みによってできる凹凸が作り出す陰影。
つまり影です。
この影を消すためには、凹凸をなめらかなカーブに変えなければなりません。
●説明 目の下の影、黒クマがなくなっただけで、顔全体の印象が変わったのがわかります。

目の下は顔のパーツの中でもっとも年齢を変化させる部分と言われていますので、
ここを最初に改善するとグッと若返って見える方が多いです。

院長ブログでさらに詳しい内容をみる

Case.319 脱脂術+ピュアグラフティング 297

●患者様 60代 女性
●お悩み 目の下のクマ たるみ
●診察での着目点 診察では
 1、黒クマ 赤クマ
 2、かなり眼窩脂肪の膨らみが大きいタイプ
 3、目の上が凹んでいて骨の形が目立つタイプ
 
この3点に着目しつつ手術を行っています。
かなり膨らみが大きいです。
その割に眼窩の骨の形が目立っている骨ばって見えてしまうタイプの顔です。

このようなタイプでは脱脂で脂肪を取りすぎると、目の下が目の上と同じように
くぼんだ印象となり、骨っぽい印象が強くなり若返った印象を生み出せませんので
脱脂量を控えめにしつつ、脂肪注入で頬上部のボリュームを出していかなければなりません。
●説明 3ヶ月後です。
骨ばった印象を出さずに目の下の膨らみが目立たなくなりました。
少し眼窩脂肪の輪郭が残っていますが、もともとの突出が大きい場合には
眼輪筋もその形に引き伸ばされているため、少し形状が残っていましますが
眼輪筋トレーニングなどで改善が可能です。

院長ブログでさらに詳しい内容をみる

Case.318 脱脂術+ピュアグラフティング 296

●患者様 50代 女性
●お悩み 目の下のクマ たるみ
●診察での着目点 診察では
 1、黒クマ 赤クマ
 2、膨らみが大きいタイプ
 3、目の下のたるみも目立つタイプ
 
この3点に着目しつつ手術を行っています。

目の下に膨らみがあります。これが眼窩脂肪の突出。
眼窩脂肪の突出が斜め下方向に下がって見えます。
これは眼窩脂肪を支えている眼輪筋などの組織が緩んできていることをしてしています。

この辺も踏まえて手術の計画を立てていきます。
●説明 3ヶ月後です。
頬が上がり若々しい印象となりました。

クマも当然のことながら改善しています。

眼窩脂肪の突出がなくなり若々しい印象へと変わっているのがわかります。

頬が少し黒っぽく見えるのは肝斑です。
これを治療するとさらに頬全体の丸みがきれいにでて良さそうです。

院長ブログでさらに詳しい内容をみる

お電話・メールにてご予約・無料相談を受け付けております。クマ・たるみでお悩みの方は気軽にご相談ください。 

  • 24時間受付中オンライン予約
  • お問い合わせ